記事リスト

必要な時に必要なお湯

修理

お湯が足りなくなりません

ガス給湯器は、必要な時に必要なお湯を瞬間的に沸かす仕組みになっています。作ったお湯をタンクに貯めておく電気給湯器と違い、湯切れの心配がありません。そのため複数の箇所で同時にお湯を使用することが可能です。シャワーの強さも、タンク内のお湯を使う電気給湯器と比べ、瞬間的に沸かし水道圧を利用しているためパワフルで快適です。タンクが必要ないので、設置にもほとんどスペースが必要ありません。また、ガス給湯器は一台で給湯と暖房ができます。費用初期費用は機器費も工事費もガス給湯器のほうが割安です。電気給湯器はタンクの大きさで機器費が異なるのと、配線や基礎工事が必要な場合は工事費用も高めになります。ランニングコストは、深夜電力を使用する電気給湯器のほうが割安ですが、昼間に沸き直しをしたり契約している電力プランによっては家全体の電気代が上がる場合があります。ガス給湯器も従来に比べてガス使用料が13%削減されておりプランによってさらに割引で安くなる場合があります。トータルコスト的にはあまり差がないといえます。どちらを選べばいいのかトータルコスト的に、電気給湯器とガス給湯器にはあまり差がありません。しかし、ランニングコストは各家庭のお湯の使用状況によって大きく異なります。家族構成やライフスタイルを考慮したうえで、お湯を使う時間や設置場所を考えてきめる必要があります。一日のお湯の使用量、使用時間が多い場合はガス給湯器のほうがお得になります。

Copyright© 2018 給湯器を購入しよう~使い勝手と費用などを考慮して選ぶ~ All Rights Reserved.