記事リスト

設備業者のサービスとは

男女

お湯設備の場合

家や車、家電は長年使い続けると寿命がやってきます。これと同じように給湯器にも寿命があり、約8〜10年ほどで交換時期になります。寿命が来ている給湯器は、お湯を作れなかったりお湯の温度が安定しなかったりといった症状がでます。さらに、給湯器を動かすと異臭がしたりいつもと違う稼働音が聞こえたりするようになります。このような症状があった場合は、故障前のサインと考えて、修理業者に連絡しましょう。また、配管の凍結も給湯器故障の原因になります。特に気温が下がる冬は配管が凍結して、故障トラブルが起きやすくなります。配管の劣化も故障の一因になりますので、操作しても稼働しないときは業者を読んでください。連絡を受けた業者は、給湯器内部や配管、電気配線などを調査して故障原因を探ります。給湯器内部の部品が劣化している場合は、部品を交換します。ただし、これは製造から10年以内の食う登記で、交換部品が確保できる場合に限られます。メーカーでは製造から10年まで部品を保存する規則になっていますが、それ以上になると交換部品の確保が難しくなります。依頼主が修理して使いたいと希望した場合は、業者が部品を探して見つけるまで修理を待つことになります。配管の凍結が故障原因の場合は、配管に保温カバーを巻き付ける作業を行って凍結を予防します。配管の劣化、電気配線の場合は配管や配線の交換作業などを行います。そして、交換作業後は正常に稼働するか確認し作業は終了します。

Copyright© 2018 給湯器を購入しよう~使い勝手と費用などを考慮して選ぶ~ All Rights Reserved.